CCR研究会の設立目的とは

本研究会は、産業界から排出されるカーボンをキャリアとして再生可能エネルギー由来水素と組み合わせた代替エネルギーを提供することで、化石燃料の使用量削減に実効的なカーボンニュートラルの対策を提案するとともに、
2050年に向けた新たなエネルギー供給システムの構築に寄与することを目指します。

CCR技術のコンセプト

本研究会が提案するCCR技術とは、
産業界から排出されるカーボンをキャリアとして再生可能エネルギー由来水素と組み合わせた代替エネルギーを提供することで、化石燃料の使用量削減に実効的なカーボンニュートラルの対策技術です。

CCR研究会の活動

本研究会は、設立主旨・目的の達成に向け、活動方針として
「1技術の確立と社会的意義の周知」及び「2モデルプロセスの検討」、「3社会実装を促進するプラットフォームの構築」
を定め、会員企業が参加するワーキンググループで取組を進めています。

CCR研究会のご案内