お知らせ

お知らせ

2021.07.19


「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」が、カーボンリサイクルメタンが船舶のゼロエミッション燃料になりうることを確認しました。

「CCR研究会 船舶カーボンリサイクルWG」(WG=ワーキンググループ、以下「本WG」)は、メタネーション技術によって製造されたカーボンリサイクルメタンが、船舶のゼロエミッション燃料となりうることを確認しました。

本WGで行った計算手順と評価の詳細を記した技術論文が日本マリンエンジニアリング学会誌56巻4号に掲載されました。

 

https://www.mol.co.jp/pr/2021/21061.html